[本文へジャンプ]

公開日:2015年7月28日

住宅金融支援機構は、平成27年7月16日付けで、岩手県釜石市(野田武則市長)と「災害時における住宅の早期復興に向けた協定」を締結しました。

 当機構は、昨年6月、岩手県釜石市に三陸復興支援センターを開設し、釜石市をはじめ地元の皆さまとより密接に連携して、定期的な相談会の開催など、東日本大震災で被災された方々の住宅再建の支援を続けています。
 これまでの釜石市と機構の取組を背景として、同市の住宅再建の本格化に合わせてさらに連携を強化していくことを、今般の協定締結を通じて相互に確認しました。

 釜石市役所で行われた締結式では、首藤理事が野田市長と協定書を交わしました。

<釜石市との災害協定締結式> 平成27年7月16日(木)

釜石市との災害協定締結式のもよう