[本文へジャンプ]

公開日:2015年4月22日

 住宅金融支援機構は、東日本大震災への対応における経験や昨今の自然災害が頻発する状況に鑑み、平時からの地方公共団体との連携をより強固にしていくため、従来締結していた協定の内容を見直し、地方公共団体と新たな「災害時における住宅の早期復興に向けた協力に関する協定」を順次締結する取組を進めています。

 平成26年度においては、次の25の都道府県・政令市等と新たな協定を締結いたしました。末尾に掲載した写真は、青森県との協定締結式のもようです。
<平成26年度中に新たな協定を締結した都道府県及び政令市等(順不同)>
   北海道 青森県 栃木県 群馬県 東京都 新潟県 福井県 山梨県 浜松市
   滋賀県 京都府 京都市 大阪府 大阪市 堺市 兵庫県 神戸市 奈良県
   和歌山県 呉市 山口県 福岡県 福岡市 北九州市 大分県
 当機構は、平成27年度においても、引き続きこの取組を推進してまいります。
 

<青森県との災害協定締結式> 平成27年2月23日(月)

青森県との災害協定締結式のもよう