ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

トピックス

印刷用ページ

機構ホーム > トピックス > 平成25年度 > タイ王国SMC(第二次抵当公社)と協力覚書(Memorandum of Cooperation : MOC)を締結しました。

ページ本文

タイ王国SMC(第二次抵当公社)と協力覚書(Memorandum of Cooperation : MOC)を締結しました。

2015年2月5日現在

タイ王国SMCとの了解覚書の締結

独立行政法人住宅金融支援機構(本店:東京都文京区後楽1-4-10、理事長:宍戸信哉)は、平成26年2月18日、住宅金融支援機構本店において、タイ王国SMC(第二次抵当公社:Secondary Mortgage Corporation、総裁:ポーンニパ・ハチャイヤプーム)と、両機関の情報交換等を柱とする関係強化のための協力覚書(Memorandum of Cooperation : MOC)を締結しました。

タイ王国SMCは、1997年に設立された、タイ王国財務省の監督下にある政府系金融機関で、資産担保証券(Mortgage Backed Securities:MBS)の発行業務等を行っています。

住宅金融支援機構は、全額政府出資の独立行政法人で、1950年に設立された住宅金融公庫の権利・義務を承継した組織として2007年に設立されました。住宅金融支援機構は、提携する民間金融機関が融資した35年固定金利の住宅ローン債権を買い取り、証券化しています。住宅金融支援機構は、日本における最大のMBS発行体となっています。

今回のようなMOC締結は、タイ王国SMCにとって初めてとなるもの(※)で、日タイ両国の緊密な関係を象徴するものであると同時に、両機関の知見の交換を通じて、住宅金融市場の理解の深化が期待されます。具体的な協力関係については、今後、実務者協議において詳細を調整して参ります。
※住宅金融支援機構においては、平成26年1月9日に米国政府抵当金庫(ジニーメイ)と了解覚書(Memorandum of Understanding : MOU)を締結しております。

タイ王国SMCとの了解覚書の締結

タイ王国SMCとの了解覚書の締結

平成25年度に戻る