ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

地域の住まい・まちづくりの支援

印刷用ページ

機構ホーム > 地域の住まい・まちづくりの支援 > 密集市街地の改善

ページ本文

密集市街地の改善

市街地再開発事業や密集市街地共同建替え事業等に対する事業初動期からの融資に加え、資金調達が困難となりがちな高齢者向けの融資を準備することにより、密集市街地の改善を支援しています。

融資制度等

  • まちづくり融資(短期・長期事業資金)

    市街地再開発事業や防災街区整備事業、密集市街地共同建替事業等に対する事業資金融資
    密集市街地等で「壁面の位置制限」等の地区計画が定められている場合の地区計画等建替事業者や賃貸建築物建替事業では、単独の建替事業でも利用が可能
    事業の初動期における準備組合等に対しても支援

  • まちづくり融資(高齢者向け返済特例制度)

    高齢者(満60歳以上)がまちづくり融資の対象となる地区計画等内で自宅を建替える場合に、お亡くなりになるまで利息のみのお支払いとして毎月返済負担を軽減する高齢者向け返済特例制度も実施


(市街地再開発事業等におけるまちづくり融資受理実績)

連携事例等

密集市街地改善に向けた連携チラシの作成

密集市街地の老朽住宅の所有者には高齢者が多いことから、東京都の助成金制度と、機構の「高齢者向け返済特例制度」をセットにした東京都と機構による住民向け共同チラシを作成しました。
本チラシを活用して密集市街地における建替えを促進いただくよう、東京都と機構連名で、各区に対し周知の取組を依頼する通知を発出しています。

東京都連携チラシ

住民説明会への参加

密集市街地における住民向け説明会等で、機構も融資制度の説明や個別相談に対応し、建替え等を実施する方の資金計画等において協力させていただきます。

密集市街地における不燃化促進への支援

荏原町駅前地区防災街区整備事業(品川区)の周辺地域は、通路が狭く、建物の多くが1950年代築であるなど防災上の危険性が指摘されてきましたが、同事業の実施により、火災や地震発生時における延焼防止や避難上の機能の改善に加え、商業・居住機能の更新により、密集市街地全体の防災性・居住性向上が図られました。
機構は、同事業の施行者である防災街区整備事業組合に融資し、密集市街地における防災街区の整備促進を資金面で支援しました。

荏原再開発

地域の住まい・まちづくりの支援に戻る