[本文へジャンプ]

今の住宅を貸し出すことにより得られる賃料を収入として次の住宅を取得することができます。

(注)Sマーク は【フラット35】Sがご利用いただけることを表しています。

機構住みかえ支援ローン

フラット35サイト 機構住みかえ支援ローンのご案内

ご利用条件、取扱金融機関やお申込みの流れなどの詳細はフラット35サイトでご確認ください。

機構住みかえ支援ローンの仕組み

機構住みかえ支援ローンとは、一般財団法人高齢者住宅財団による保証を活用して住宅借上事業を実施している法人(注)がお客さまの現在所有している住宅(従前居住住宅)を借り上げることを前提に、新たにお客さまご自身がお住まいになる住宅(住みかえ先住宅)を取得するための最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

(注)2017年4月1日現在、一般財団法人高齢者住宅財団による保証を活用して住宅借上事業を実施している法人は、一般社団法人移住・住みかえ支援機構(以下「JTI」といいます。)です。

  • お客さまとJTIとの間で締結する従前居住住宅に係るマイホーム借上契約に基づく賃料収入が見込まれることから、総返済負担率等、申込要件の一部が緩和される場合があります。
    詳しくは、機構住みかえ支援ローンにおけるご利用条件の緩和をご確認ください。
  • お客さまがJTIとの間で締結する従前居住住宅に係るマイホーム借上契約に基づいてお客さまがJTIに有する賃料請求権に対して、住宅金融支援機構を権利者とする譲渡担保を設定していただきます。また、借入対象となる住宅およびその敷地(新たにお客さまが取得する住みかえ先住宅およびその敷地)に、住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定していただきます。
  • マイホーム借上制度について詳しくは、JTIにご確認ください。

    一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI )別ウィンドウで表示

機構住みかえ支援ローンの仕組み