[本文へジャンプ]

機構(旧公庫)融資はご返済の終了まで安心してご利用できます

住宅ローンは返済が長期にわたるため、その間に、「まとまった余裕金ができた」、「子供の進学で一時的に支出が増えた」といった、生活状況の変化や収入の変化が生じることがあります。
機構は、お客さまの生活に起こる様々な変化に柔軟に対応するため、タイプ別の返済方法変更のメニューを用意し、ご返済の終了まできめ細やかにお客さまをサポートしています。

生活状況の変化などに対応した返済方法の変更例

返済方法の変更例

手続き等につきましては、ご返済中の金融機関にご相談ください。
機構(旧公庫)融資は、お借入れからご返済まで安心してご利用いただけます。
返済方法変更の手数料はかかりません。(※)
(※) 変更契約の適用日が平成29年3月以前(変更契約後の初回返済日が4月以前)となる方は、5,250円(税込。平成29年4月1日現在)が必要となります。
また、福祉医療機構融資については、適用日に関わらず5,250円(税込。平成29年4月1日現在)が必要となります。

機構では、この他にも返済方法変更のメニューを用意しております。
ご利用にあたっては審査の結果、お客さまのご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。