ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

賃貸・分譲事業のお客さま

印刷用ページ

機構ホーム > 賃貸・分譲事業のお客さま > 賃貸住宅融資のご案内 > 省エネ賃貸住宅建設融資(子育てファミリー向け)・まちづくり融資(長期建設資金)のお申込みをお考えのお客様 > 住宅金融支援機構の賃貸住宅融資の5つのポイント

ページ本文

住宅金融支援機構の賃貸住宅融資の5つのポイント

2014年1月16日現在

1. 長期固定金利で安心です。

 35年固定金利型を利用される場合は、借入時に返済額が確定します。

2. 法人のお客さまにもご融資しております。

 まちづくり融資(長期建設資金)の場合は、中小事業者である法人(資本の額もしくは出資の総額が3億円以下または常時使用する従業員の数が300人以下)のお客さまに限ります。

3. 自宅を含めてご融資が可能です。

 自宅・店舗等を建築物全体の延べ面積の1/4以下とする場合等、一定の条件があります。

4. 65歳未満であれば、原則単独でのお申込みが可能です。

 審査の結果、連帯債務者の追加をお願いしたり、ご融資をお断りする場合があります。

5. 連帯保証人として、保証機関の保証をご利用できます。

 保証機関をご利用の場合は、別途保証料がかかります。また、保証機関の審査の結果、ご利用いただけない場合があります。
 サービス付き高齢者向け賃貸住宅建設融資(施設共用型)の場合、連帯保証人は不要です(サービス付き高齢者向け賃貸住宅建設融資(一般住宅型)と比べ1%程度上乗せした借入金となります。)。

省エネ賃貸住宅建設融資(子育てファミリー向け)・まちづくり融資(長期建設資金)のお申込みをお考えのお客様に戻る