ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

個人のお客さま

印刷用ページ

機構ホーム > 個人のお客さま > お借入れをお考えのお客さま > リフォーム工事 応援コーナー > 耐震リフォームを検討したい

ページ本文

耐震リフォームを検討したい

耐震リフォームを実施される方は、事前に耐震診断を受けていただくことをお勧めします。耐震診断を受けることで、お住まいの住宅の状態を知ることができるとともに、工事等が必要な場合には専門家による適切なアドバイスを受けることができます。

耐震診断について

耐震診断について

耐震診断とは、既に建てられた建物の安全性を診断することをいいます。この診断については、「建物の耐震改修の促進に関する法律」(平成7年施行)により、一定規模以上の建物については努力目標として定められています。

耐震診断が必要な建物とは?

昭和56年5月以前の旧建築基準法で建てられた建物は、地震に対する安全性に不安があるため、耐震診断を受けることをお勧めします。

耐震診断の種類(以下の(1)~(3)の中から選んでください。)

(1)わが家の耐震診断(ご自身で行っていただくものです。)

一般の住宅の所有者等向けの簡易耐震診断です。

(2)専門家による耐震診断(無料)

市町村が建築士などの専門家を派遣します。

診断後、必要に応じて補強工事に関する説明も受けることができます。

(3)耐震精密診断(有料)

一建築士が行います。精密診断で得られたデータは、そのまま補強計画への活用もできます。

精密診断及び補強計画を行う場合、自治体によって融資や利子補給等を受けられる場合があります。補強工事等をお考えの方はぜひご検討ください(「わが家の耐震診断」による場合についても受けられる場合があります)。

「わが家の耐震診断」の詳しい内容、各自治体、建築士事務所のお問い合わせ先については、(財)日本建築防災協会HP別ウインドウで表示をご覧ください。

住宅の耐震リフォームについて

住宅の耐震リフォームには、主に耐震改修工事と耐震補強工事の2種類があります。ここでは、工事の多い耐震補強工事について説明します。

耐震補強について

住宅の耐震補強は、リフォーム時に行うことがベストです。

補強工事は、住宅全体のバランスを考えて行うことが大事ですが、特に就寝中のことを考え、寝室の補強工事を最優先に行いましょう。また、住宅の耐震補強工事に併せて家具等の補強も行うことをお勧めします。

耐震補強工事の例

(1)基礎・・・コンクリート基礎の打ち増し

基礎

(2)梁、柱、土台・・・金物等による補強、柱の増設、土台の取替え

梁、柱、土台

(3)壁(筋かい)・・・筋かいによる補強

筋かい

(4)壁(構造用合板)・・・構造用合板を用いた耐力壁

壁(構造用合板)

(5)屋根・・・軽量化

屋根

参考資料 耐震ナビ(静岡県都市住宅部建築安全推進室)

リフォーム工事 応援コーナーに戻る