ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

個人のお客さま

印刷用ページ

機構ホーム > 個人のお客さま > マンション管理組合のお客さま > 修繕積立金のお預かり(マンションすまい・る債)のご案内 > マンションすまい・る債 積立て中のみなさまへ~各種変更手続~

ページ本文

マンションすまい・る債 積立て中のみなさまへ~各種変更手続~

2016年9月23日現在

各種変更手続の流れと、必要書類をご案内します。
管理組合から届け出ていただいている内容に変更がある場合は、その都度、変更届の提出が必要です。
ご注意変更届の提出がない場合は、積み立てた債券を機構が買い入れる際の手続ができない、手続が遅れるなどの支障が生じることがあります。

「変更届」をお届けいただくケース

・ 代表者の変更(代表者の氏名・住所の変更)
・ 積立組合の名称・所在地の変更
・ 代表者以外(会計担当役員等や管理会社)の連絡先の変更
・ 元利金自動振込先口座の変更
・ 届出印の変更
ご注意変更手続の流れや必要書類等については、このページの「手続の流れ」又は「マンションすまい・る債のしおり(積立手帳別冊)」をご確認いただき、必要書類の添付漏れ(※1)、変更届出書の誤記載・記載漏れ等(※2)がないよう、お手続をお願いいたします。
(※1)総会議事録、代表者の本人確認書類(運転免許証のコピー等)などの添付漏れ
(※2)元利金自動振込先口座の記載相違・記載漏れ、届出印の相違等

書類の送付先を管理会社へ変更することを希望される管理組合のみなさま

各種変更手続に必要な書類一覧表

※ 必要な書類の詳細な内容等は、「手続の流れ」又は「マンションすまい・る債のしおり(積立手帳別冊)」をご確認願います。

手続の流れ

手続の流れ

手続の締切について

毎月15日までに送付(消印有効)、かつ、20日(銀行休業日に当たる場合は前営業日)までにみずほ銀行(事務受託銀行)に到着し、同日までに不備なく処理が終了した変更内容が、翌月から反映されます。
ご注意・積立用書類については、発送される月(11月を予定)の前々月(9月)に処理が終了した変更内容が反映されます。
・積立用書類に不備があった場合は、処理が遅延することがありますので、スケジュールに余裕を持ってお手続されることをお勧めします。

(1) 変更手続に必要な書類のご送付

変更手続に必要な書類をみずほ銀行(事務受託銀行)に送付していただきます。
本人確認に関するお願い

マンションすまい・る債のご利用に当たっては、以下の際に積立組合の代表者の方について、お名前、ご住所、生年月日の記載された公的機関の発行した証明書類等によりご本人様であることを確認させていただきます。これらの書類は、所得税法等の定めに基づきご提出いただく必要がありますので、ご理解の上、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
・初回の積立手続(平成28年度の積立用書類返送期間は、平成28年11月17日~12月26日(予定))を行う場合
・積立組合から届け出ていただいている代表者の方に異動が生じた場合(代表者変更(代表者の氏名・住所の変更)時)
※ これらの取引以外にもご本人の確認をすることがありますので、ご協力ください。

(注)本人確認ができない場合は、各種お取引のご請求をお受けできませんので、ご了承ください。

また、本人確認のためご提出いただいた代表者の方個人の氏名・住所・生年月日が記載された下記いずれか1つの書類は、機構が定める期間保管し、ご返却には応じかねますのであらかじめご了承願います。
・運転免許証のコピー(表裏両面)
・運転経歴証明書のコピー(表裏両面)
・健康保険証のコピー(住所の記載があるもの)
・印鑑証明書(発行後3か月以内の原本)
・住民票(発行後3か月以内の原本)
・住民基本台帳カードのコピー(表裏両面)
・パスポートのコピー(顔写真のページ及び所持人記入欄(記入済)のページ)

なお、本人確認を含め、機構の求めに応じた手続及び書類の提出がなされない場合は、積立ての資格を失います。

代表者の変更(住所の変更含む(※))手続に必要な書類

※ 行政区分又は地番の変更があった場合もこの手続が必要です。
法人登記していない積立組合の場合
  1. 登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

    ※ 元利金自動振込先口座に変更がない場合でも、登録内容の変更届出書に振込先口座の記入が必要です。
    なお、口座番号など、口座自体が変更となる場合は、「元利金自動振込先口座の変更」をご覧ください。

  2. 総会議事録ほか、新代表者の代表権を確認できる書類

    ※ 積立組合によってご用意いただく書類が異なります。
    詳しくは、「マンションすまい・る債のしおり(積立手帳別冊)」をご参照いただくか、みずほ銀行(事務受託銀行)にお問合せいただき、必要な書類をご用意ください。

  3. 新代表者の方個人の氏名・住所・生年月日が記載された次の書類(いずれか1つ
    ・運転免許証のコピー(表裏両面)
    ・運転経歴証明書のコピー(表裏両面)
    ・健康保険証のコピー(住所の記載があるもの)
    ・印鑑証明書(発行後3か月以内の原本)
    ・住民票(発行後3か月以内の原本)
    ・住民基本台帳カードのコピー(表裏両面)
    ・パスポートのコピー(顔写真のページ及び所持人記入欄(記入済)のページ)

※ この書類につきましては、個人情報の保護の観点により、本籍地を黒く塗りつぶしたもの又は本籍地の記載を省略したものをご準備ください。(本籍地を黒塗りすることにより住所地が確認できなくなるときは、当該部分は黒塗りにしないようお願いします。)

※ これらの書類は所得税法等の定めに基づき、積立組合の代表者の方にご提出いただくものです。

法人登記している積立組合の場合
  1. 登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

    ※ 元利金自動振込先口座に変更がない場合でも、登録内容の変更届出書に振込先口座の記入が必要です。
       なお、口座番号など、口座自体が変更となる場合は、「元利金自動振込先口座の変更」をご覧ください。

  2. 積立組合法人の登記簿謄本又は全部事項証明書(発行後3か月以内の原本)
  3. 積立組合法人の印鑑証明書(発行後3か月以内の原本)

    この書類はお届け出印が積立組合法人の印鑑登録のある印であることを確認するためのものです。

    ※ 代表者の方の現住所、氏名、生年月日を確認するため、「法人登記していない積立組合の場合」に記載の代表者の方個人の書類を提出していただく場合があります。

積立組合の名称・所在地の変更(※)手続に必要な書類

※ 行政区分又は地番の変更があった場合もこの手続が必要です。
法人登記していない積立組合の場合
  1. 登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

    ※ 元利金自動振込先口座に変更がない場合でも、登録内容の変更届出書に振込先口座の記入が必要です。
    なお、口座番号など、口座自体が変更となる場合は、「元利金自動振込先口座の変更」をご覧ください。

  2. 積立手帳

    ※ 複数の積立てをされている場合は全ての積立手帳が必要です。

  3. 総会議事録ほか、代表者の代表権を確認できる書類

    ※ 積立組合によってご用意いただく書類が異なります。 詳しくは、「マンションすまい・る債のしおり(積立手帳別冊)」をご参照いただくか、みずほ銀行(事務受託銀行)にお問合せいただき、必要な書類をご用意ください。

  4. 積立組合の名称・所在地の変更に関する次の書類(注)

    ◆マンション管理規約
    ◆積立組合の名称・所在地の変更に関する集会の議事録等
    ◆代表者の方個人の氏名、住所、生年月日が記載された次の書類(いずれか1つ
        ・運転免許証のコピー(表裏両面)
        ・運転経歴証明書のコピー(表裏両面)
        ・健康保険証のコピー(住所の記載があるもの)
        ・印鑑証明書(発行後3か月以内の原本)
        ・住民票(発行後3か月以内の原本)
        ・住民基本台帳カードのコピー(表裏両面)
        ・パスポートのコピー(顔写真のページ及び所持人記入欄(記入済)のページ)

    ※ 個人情報の保護の観点により、本籍地を黒く塗りつぶしたもの又は本籍地の記載を省略したものをご準備ください。
         (本籍地を黒塗りすることにより住所地が確認できなくなるときは、当該部分は黒塗りにしないようお願いします。)
    ※ これらの書類は所得税法等の定めに基づき、積立組合の代表者の方にご提出いただくものです。

    (注) 市町村の統廃合や単に住居表示に変更が生じただけの場合については、変更内容がわかる公共団体からの通知書等をご提出願います(マンション管理規約等、上記◆の書類をご提出いただく必要はありません。)。

法人登記している積立組合の場合
  1. 登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

    ※ 元利金自動振込先口座に変更がない場合でも、登録内容の変更届出書に振込先口座の記入が必要です。
    なお、口座番号など、口座自体が変更となる場合は、「元利金自動振込先口座の変更」をご覧ください。

  2. 積立手帳

    ※ 複数の積立てをされている場合は全ての積立手帳が必要です。

  3. 積立組合法人の登記簿謄本又は全部事項証明書(発行後3か月以内の原本)

     

  4. 積立組合法人の印鑑証明書(発行後3か月以内の原本)

    ※ この書類は、お届け出印が積立組合法人の印鑑登録のある印であることを確認するためのものです。

    ※ 代表者の方の現住所、氏名、生年月日を確認するため、「法人登記していない積立組合の場合」に記載した代表者の方個人の書類を提出していただく場合があります。

代表者以外(会計担当役員等や管理会社)の連絡先の変更手続に必要な書類

登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

※ 会計担当役員等の方や管理業務を委託している管理会社等、代表者以外の方の連絡先が変更となった場合も変更届の提出が必要です。なお、代表者以外の方の連絡先として登録された方に、今後、積立内容を確認等させていただくことがありますので、ご了承ください。

元利金自動振込先口座の変更手続に必要な書類

  1. 登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

  2. 積立手帳

    ※ 複数の積立てをしている場合全ての積立手帳が必要です。
    ※ 金融機関又は支店の統合により金融機関、支店又は口座番号が変わる場合(口座名義の変更無し)は、金融機関が発行する証明書類の写しがあれば積立手帳は不要です。
    ※ 代表者変更手続に伴う元利金自動振込先口座変更で、金融機関、預金種目及び口座番号に変更がなく、口座名義の代表者名のみが変更になる場合は積立手帳は不要です。

届出印の変更手続に必要な書類

  1. 登録内容の変更届出書(元利金自動振込依頼書兼用)

    ※ 法人登記していない積立組合の場合は新旧の組合印の捺印があるもの
    ※ 法人登記している積立組合の場合は、新旧の印鑑証明のある印の捺印があるもの

  2. 積立組合法人の印鑑証明書(法人登記している積立組合のみ)

    ※ 変更後の印鑑に係る、発行後3か月以内の原本

ご注意
  • 郵送料は積立組合負担となります。なお、郵送に当たっては簡易書留など配達状況が確認できる方法により送付していただくことをおすすめします。
  • 必要書類の控えは大切に保管してください。
  • 上記必要書類のうち、マンションすまい・る債積立手帳については、みずほ銀行(事務受託銀行)での手続終了後に積立組合へ返送します。
    ただし、証明書類(印鑑証明書など)は返却できませんので、ご了承願います。
  • 上記の取り扱いについて詳しいことをお知りになりたい場合は、みずほ銀行(事務受託銀行)までお問合せください。

(2) 書類の確認

積立組合から送付された書類をみずほ銀行(事務受託銀行)において確認させていただきます。また、書類が不足するなどの場合は、みずほ銀行(事務受託銀行)から積立組合に連絡させていただきます。

(3) 変更内容の報告

書類の確認が終了しますと、機構はみずほ銀行(事務受託銀行)から変更内容の報告を受けます。

(4) 登録内容変更手続完了のお知らせ

手続が完了し、変更後の内容を登録した旨を記載した「登録内容変更手続完了のお知らせ」を機構から積立組合の代表者のご自宅又は積立組合が別途指定した管理会社に送付します(※)ので、大切に保管してください。

※ 届出印の変更に関してはみずほ銀行(事務受託銀行)から手続完了のご連絡をします。

※ 積立手帳再交付・届出印紛失等の手続完了後、登録内容の変更手続完了のお知らせが届く場合がありますので、あらかじめご了承願います。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。