ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

個人のお客さま

印刷用ページ

機構ホーム > 個人のお客さま > ご返済中のお客さま > ご返済開始後の注意事項 > 転勤などで住めなくなったときは(住所変更)住居表示、氏名または電話番号が変わったときは

ページ本文

転勤などで住めなくなったときは(住所変更)
住居表示、氏名または電話番号が変わったときは

住所(※)、住居表示、氏名または電話番号が変わったときは、必ずご返済中の金融機関に届出をしてください。
なお、保証人の方についても同様です。

また、ご家族全員が融資住宅に居住されない場合には、所得税の税額控除(住宅借入金等特別控除)の対象外となります。そのため、税額控除を受けるために必要な「融資額残高証明書」は送付されません。

※ 財形住宅融資についてご返済中の方が住所を変更する場合の手続は他のご融資の場合と異なります。 転勤などによってご家族全員が融資住宅に居住されないときは、転居に先立って留守管理手続 (詳しくは 「(財形融資のみ)転勤などで一時的に住めなくなったときは」 をご参照下さい。) が必要となります。

手続きは

届出用紙は、ご返済中の金融機関及び機構支店にて用意しております。また、当ページよりダウンロードすることもできます。
1.住所・氏名などの変更
 
2.住所・氏名などの変更届の提出(ご本人 → 金融機関)
  「住居表示の変更」又は「氏名の変更」の場合には別途書類を提出していただきます。 (詳しくは下の「記載例」のファイルをご覧ください。なお、その他の変更については、「変更届」のみで結構です。)

届出用紙

以下のファイルをダウンロードしてご利用ください。
タイトル ファイル形式 (参考)記載例
変更届 PDF形式
PDFファイル[1ページ:116KB]
転居による住所変更 PDFファイル[1ページ:155KB]
住居表示の変更PDFファイル[1ページ:141KB]
氏名の変更 PDFファイル[1ページ:147KB]

ご返済開始後の注意事項に戻る

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。